サラリーマンはスピードで評価される。仕事のスピードを上げる方法を解説します。

サラリーマンの仕事術 仕事のスピードを上げる方法を解説問題解決
サラリーマンの仕事術 仕事のスピードを上げる方法を解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。DaiCONです。

大手製造会社で課長をやっています。

若手川さん
若手川さん

今日も良く働いた~。。。
○○さんにメール回答しなきゃいけないけど、
明日やろう。

DaiCON
DaiCON

明日やろうはバカやろう

今日出来る事は今日やっちゃえば、
「仕事が出来るやつ」と評価されて出世にもつながるよ。

サラリーマンはスピードで評価される。仕事のスピードを上げる方法を解説します。

サラリーマンの仕事術 仕事のスピードを上げる方法を解説
サラリーマンの仕事術 仕事のスピードを上げる方法を解説

仕事のスピードを上げるためにはどうすればよいのでしょうか?

どの企業であっても上司からは
「残業を減らせ!!」
「生産性の良い仕事の仕方を徹底しろ!!」
と言われていると思います。

「いやいやそうはいいましても・・・」
「何なら、残業代が減ってしまうから勘弁して。」
と思うところが本音のところ。

ただ仕事のスピードは上げていかないとあなたの評価が上がりません。

そこで今回の記事は、仕事のスピードアップ術を簡単に説明します。

結論は以下です。

・明日やろうはバカやろう。残務を残さずストレスフリーを目指そう。
・ガンバル前に作業の中身をしっかり考えて、ムダを無くす。
仕事に与えるインパクトは、”仕事の出来”よりも倍以上”スピードが重要”

 

明日やろう!はバカやろう 

明日やろうはバカやろう
明日やろうはバカやろう

問題を先送りにせず、「今日」やり切ってしまえば、作業スピードは劇的に上がります。

「仕事のスピードを上げたい」
「残業禁止とか言われているので、早く終わらせたい」

この様なことを考えているのであれば、いま抱えている”残務”は出来る限りその日の内に終わらせてしまいましょう。

そうすることで、メリットが3つ出てきます。

今日の”ストレス”を持ち込まず、明日はフレッシュな気持ちで仕事が出来る。
・今日終わらせた仕事の”改善ポイント”を考える事が出来る。
・「仕事が早い人」と評価が上がる

今日中にやりきる必要があるため「今日」の時間を必要としまいますが、この先のことを含めて全体的に見ると、今日やりきることは大きくプラスになります。

DaiCON
DaiCON

「残務を抱えている」ということは、
精神的にかなり大きなストレスになります。

「明日やる」のではなく、今日終わらせましょう。

 

「がんばる」のではなく「中身」を改善

「がんばる」のではなく「中身」を改善
「がんばる」のではなく「中身」を改善

最近は「働き方改革」の影響もあり、できるだけ残業をしないというのが、一般的な企業の考え方になっています。

上司から「残業を減らせ」と言われた場合、あなたはどうしますか?

1.仕事の多さにあきらめてしまう。
2.とにかくひたすらやる。
3.最初に仕事の中身を見直す

1は最悪です。
2で改善出来るのであれば、それでも良いと思います。

「業務時間の短縮」は、経費の圧縮に直結するため、市場の価格競争力の面から考えると、経営側からすれば至上命題であり、永遠に取り組むテーマです。

なので上記2は、今は出来るかもしれませんが、この先も続く「業務時間圧縮命令」に対して根本的な解決策ではない事は明白です。

つまり答えは、3です。

仕事のスピードを優先するあまり、どうしても「時間」のことにばかり目が行ってしまいますが問題なのは「なぜその時間かかる作業なのか?」中身を考える事です。

 

例えば、
一日の仕事を見た時、「お客様とのメールのやり取り」に多くの時間を使っている
とします。

この時考えることは、以下2点です。

・よく使う文章は、ショートカットキーを設定して多用する。
・そもそもメールのやり取りをする必要があるのか?を考える。

DaiCON
DaiCON

仕事のスピードを上げるのであれば、まずはガンバル前に作業の中身をしっかり考えて、ムダを無くす。
これを常に考えることを徹底しましょう

 

補足 仕事はスピードで評価される。

スピードが大事
スピードが大事

仕事のスピードを上げると、大きなプラスがあります。

それは「評価」が上がる事です。

仕事に与えるインパクトは、”仕事の出来”よりも倍以上”スピードが重要”になります。

F(t)=1/2 mv2
※m:質量、v:速さ

高校の物理で習ったと思います、運動エネルギーの式です。

この式は仕事のスピードの重要性を示す、すごく良い式です。

若手川さん
若手川さん

まじか!? 数式がきちゃった。。。 マジ無理。。

DaiCON
DaiCON

あくまで例えね。
スピード上がると相手へのインパクトが全然違います!

式を思い出せ!とかではありません。

ここで例えると以下の通りです。(今回の説明には関係ないので、式中の1/2は消去)

F=mv2   ※”2”は2乗の意味
F=仕事のインパクト、m=仕事の出来具合、v=仕事の速度

仕事に与えるインパクトは、”仕事の出来”よりも2乗分”スピードが重要”になります。

 

例えば何か資料を作るとします。

① 完成度60点、  提出日:期限より2日前
② 完成度80点、  提出日:期限当日

この場合、その仕事におけるインパクトFは、以下の様になります。

①は、m=60、v=2とすると F=240点
②は、m=80、v=1とすると F=80点

正直、仕事に点数をつけることは出来ないかもしれませんが、「これくらいの違いがあるよ」と言う、いい目安だと思います。

クリエイティブやアーティストは別かもしれませんが、企業の大概の仕事は、その仕事の完成具合、出来に個人差は大きくありません。

正直、完成具合に差があったとしても、数字的に考えても個人差で2倍がせいぜい、1.2倍~1.5倍の差くらいしかありません

仕事のスピードの重要性は、物理の運動方程式からも立証されている事実です。

 

まとめ

今回の記事のまとめです。

・明日やろうはバカやろう。残務を残さずストレスフリーを目指そう。
・ガンバル前に作業の中身をしっかり考えて、ムダを無くす。
仕事に与えるインパクトは、”仕事の出来”よりも倍以上”スピードが重要”

DaiCON
DaiCON

言うのは簡単、やるは難し!

ただ、今日出来る事は今日中に終わらすことを心がけて
あすからまず実践する!
これが大事です。

では。

 

DaiCON

コメント

タイトルとURLをコピーしました