サラリーマンの伝え方~リーダ編~ 1on1をしっかり行うと出世する理由を説明します。

サラリーマンの仕事術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。DaiCONです。

大手製造メーカーで課長をしています。

横訳係長
横訳係長

最近、若手川くんのモチベーションが下がってきまして、
例の案件、スケジュール遅れています。。。。

DaiCON課長
DaiCON課長

1on1ミーティングをやってみたらどうだろう?
課員の疑問やモチベーションといった問題を解決することは、
組織の結果に直結するから、横訳係長の評価にもつながってくるよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サラリーマンの伝え方~リーダ編~ 1on1をしっかり行うと出世する理由を説明します。

1on1とは

1on1とは、部下と上司のあいだで行うミーティングの場のことを言います。

「ただの面接じゃん!」「面倒くさい」
とか思われそうですが、面接とは大きく異なります。

1on1で一番大事なことは、”部下とコミュニケーションを取る”と言うところです。

最終的に”部下の育成”につながります。

1on1は1週間や1か月に1回程度、定期的に行う事が重要です。

定期的に行うことで、問題に対してタイムリーに相談できる環境を作り上げる事が出来ます。

 

1on1をすると出世する理由

いきなり結論ですが、1on1をすることで組織力が上がるため、あなたは出世できます。

まず、リーダーが自分自身理解する必要がある一番重要なことは、
「人間の能力はそれほど高くない」

という事です。
ここでいう”人間”と言うのは、部下ではなく、上司である”あなた”のことです。

どれほど優秀な人でも、細かく管理できる仕事量は2~3人分が限界で、
4人分以上になるとよほどのスーパーマンでない限り不可能です。
つまり、このあたりが一人の仕事量の限界なのです。

ここを理解できると、
部下に仕事を任せなくては大きな仕事はできない。」
という事がわかると思います。

その為に最も重要なことは、何か?
答えは「部下の育成」です。

1on1のメインは、部下とのコミュニケーションであり、部下の育成です。

部下が育つことで、そこには上司と部下の信頼感が生まれ、
信頼感が生まれることで、上司は部下に仕事をまかせられるようになります。

仕事を任せられた部下はやる気が出ますし、
仕事を任せたあなたも、他の仕事に専念できます

従って、結果組織力が上がることで、組織の目標にコミットしやすい環境を作ることができます

そうすることで、あなたの組織は結果を出すことで会社から評価されるために、
あなたの出世につながります。

1on1をしっかり行う事は、あなたの出世に直結するため、
是非率先して1on1を行いましょう。

 

1on1のやり方を4つのStep.で解説

横訳係長
横訳係長

1on1の必要性はなんとなくわかりました。
では、1on1のやり方ってどんな感じで進めるのでしょうか?

DaiCON課長
DaiCON課長

目的は、「部下とのコミュニケーション」なので
必ずしも型にとらわれる必要はないよ。
大体、20~30分程度で、あまり気負わずに軽い感じで行うといいよ。

Step1. アイスブレイクとコンディション確認

最初の5分程度、いきなり本題に入らず、
「最近、調子はどう?」
等の軽い話から入り、主に体調やモチベーションについて聞きます。
但し、このアイスブレイクが盛り上がってしまい、時間が間延びしてしまうのもだめなので、うまく時間は調整する様にしましょう。

Step2. 前回の1on1の振り返り

前回の1on1の話を振り返り、
その時に話した「次の一歩」に関するトライの結果を聞く。
特に取り組むべきことを決めていない様であれば、状況確認だけどOKです。
こちらも5分程度

Step3. 本日のテーマに関する対話

まず、「今日は何を話そうか?」と部下に尋ねる様にしましょう。
決して、上司からあれこれ言わないようにしましょう。
部下の中に「あっ、自分の話をしてもいいんだ!」と心の気づきを与えることが重要です。
具体的なテーマが出てこない場合は、直近の出来事や仕事について、上司から投げかけることもありです。

Step4. まとめと次の一歩について

最後に今日話した内容を簡単に振り返り、消化不良のところがないか確認しましょう。
また、今日の話をまとめて、今トライできそうな事を話し合い、次回までの宿題として約束をしましょう。
そうすることで、ひとつ部下の成長や、上司との信頼を作ることにつながりますし、次回の話のネタにもなります。

 

1on1の効果

横訳係長
横訳係長

ちなみに1on1やるとどんな効果が出てくるんですか?

DaiCON課長
DaiCON課長

効果はいろいろとあるけども、
最も大きい効果は、
「上司と部下の信頼感の醸成です。
上司と部下でコミュ未ケーションを簡単に取れる環境作り
だよ。

上司と部下が得られる効果

得られる効果をまとめるとこんな感じです。
上司、部下双方に大きくメリットがあります。

上司が得られる効果

・部下の状態を正しく把握できる
・業務におけるアドバイスができる
・組織の方向性と、部下の考えの微調整ができる

部下が得られる効果

・日頃の悩みを相談できる。
・自身の業務の微調整が出来る
・自身の進め方の明確化
・今後のキャリアに対する助言がきける

 

補足 1on1の鉄則”7か条”

1. 遅刻や直前のリスケはしない

2. 「部下に話をしてもらう」時間にする(部下の話を70%以上目標)

3. 上司は「自分の考え」を先に言わない。

4. 聞いていることを示す。目を見る・うなづく・相槌を打つ

5. 部下に対して先入観を持たない。

6. 部下の小さな変化や成長をほめる

7.部下から聞いた問題を「放置」しない

DaiCON課長
DaiCON課長

上司と部下の信頼感を作るためにも、
部下の悩みを「聞く」そして「解決する」こと。
放置は絶対ダメ!

まとめ

サラリーマンの伝え方~リーダ編~ 1on1をすると出世する理由は以下の通りです。

・1on1を行う事で、部下の育成につながる
・1on1を行う事で、組織力が上がりあなたの評価も上がる
・1on1で重要なことは、あなたと部下の信頼感を醸成すること
・問題を聞くだけでなく、しっかり解決すること。(放置しないこと)

DaiCON課長
DaiCON課長

人の悩みは、目で見てわかりづらいモノです。
こまめにコミュニケーションをとることで、
その悩みを少しでも解決できれば、組織力が上がります。

但し、「自分の評価のために!」と鼻息荒い上司になってはNG!
部下はしっかり、そんなあなたを見てます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました