【若手サラリーマン必見】サラリーマンを“メリット”にする3つのポイント

サラリーマンの仕事術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。DaiCONです。

「サラリーマン」って響きって、なんか悪いですよね。

「俺、サラリーマンだぜ!!」って自慢している人なんて、少なくとも僕は今まで出会ったことはありません。

僕はサラリーマンを12年ほどやっており、現在ある程度大手の企業の課長職をやっています。

サラリーマンでの年収としては900万円ほど稼いでいます。

正直たいして立派な肩書ではない微妙な中間管理職の立場ではありますが、僕が思ったこととしては、

「サラリーマンってメリット結構あるな!使いようによっては自身の武器になる」

という事です。

このブログでは、課長と言う立場から見えるサラリーマンのメリットについて書いていきたいと思います。

僕が実践してきていることなので、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【若手サラリーマン必見】サラリーマンを“メリット”にする3つのポイント

サラリーマンを“メリット”にする3つのポイント

メリットとなるポイントは以下3つです。

  • 会社の経費を使ってテストマーケティングが出来る。
  • 基礎的なツールを実践で学べる。
  • 所属をしているだけである程度の収入を得る事が出来る。

但し、ここで以下のポイントが前提条件です。

  • ブラック企業に所属しないこと。
  • パソコンを使える業務であること。

特にブラック企業に所属して社畜として消耗だけしちゃうことだけは要注意してください。ブラック企業に所属している場合は、早く転職を検討しましょう。

ブラック企業かどうかを判断する指標としては、

「自分の時給がいくらか?」

を考えたほうが良いです。

例えば、以下の感じで時給を計算してみてください。

  • 年収  : 400万円
  • 営業日 : 20日
  • 労働時間: 8時間/日+月50時間残業
  • 時給 : 1,587円

この1,587円をどう取るかですが、

アルバイトの全国平均時給(2020年5月現在)が1,051円ので、

この時給金額よりも低い時給であればブラックの可能性高いかなぁ、と個人的には思います。その場合、僕としては転職をお勧めします。


会社の経費を使ってテストマーケティングが出来る

会社の経費を使ってテストマーケティングが出来る

サラリーマンの最大のポイントはここだと思ってます。

つまり、自分のお金ではない会社の経費(お金)を使えるという事です。     注:もちろん横領とか収賄のことではないですよ!・。。。

例えば、”ある商品があってこれが売れるかどうか試したい。”とします。

そのための商品の仕入れ代金であったり、開発が必要であったりetc.は会社の経費が適用されるため、自分の懐は全く痛みません。

それが売れるか売れないかのテストマーケティングができます。

これが私が考えるサラリーマンの最も大きいメリットと思います。

「でも、それって結局会社のメリットじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、それには個人へのメリットの方が多いです。

何故なら個人のメリットは大きく以下4つです。

  • 失敗しても自分の懐が痛まない。
  • 成果が出れば個人の成績(給料)が上がる
  • ”商品を売った”経験を得ることが出来る
  • 新しい事への自信(副業含む)にもつながる。

だから積極的にやるべきと思います。

但し、テストマーケティングを行うためには、2点必要です。

”熱意”が必要

何と言っても業務の範疇で行う事になるので、あくまで所属している企業のメリットになる提案をする必要があります。

それを実現することに対する”熱意”を表現することが一番大事だと思います。

熱意とポジティブシンキングはセットで重要です。

1つでも良いので社内の”実績”があった方が良い。

実績が無いと上司もすぐ仕事を任せることはしてくれません。

なぜなら出来る限り成功して企業へのメリットを示さないといけないため、”よく失敗する人”と”成功したことある人”であれば、間違いなく後者を選びますよね。

ただし、一番大事なことは業務に対する”熱意”だと思いますので、積極的にアピールすることから始めましょう。

まぁ、「やりたいやりたい!」だけ言う前にしっかり社内で信用を築きましょう。

基礎的なツールを実践で学べる。

基礎的なツールを実践で学べる。

これも大きなメリットです。

例えば以下ですが、主に一番上の実践的に学べることが一番のポイントかなと思います。

  • パソコンの知識・ソフトが実践的に学べる。
  • 個人購入しなくてもパソコンを使える。
  • 個人では会えない人と知り合うことができる。
  • プレゼン、資料作り等、実践で役立つスキルが身に着く
  • 所属企業の業界情報には精通できる。

パソコンのソフト、例えばExcelであったりパワーポイントであったりは、普通に生活しても身につかなかったんじゃないかな?と思う人は多いのではないでしょうか?

また、その企業の所属している業界情報は最先端の情報になるため、

例えば見聞を広げていれば、他業種で成功している事例が同業界で実施されていなかったら試すことができる等の発想をする事が出来ます。

これも大きな武器になるのではないでしょうか?

所属をしているだけである程度の収入を得る事が出来る。

所属をしているだけである程度の収入を得る事が出来る。

これは、サラリーマンだから当たり前だろ!と言うことですが、

「安定した収入を得る事が出来る。」という事はかなり大きなメリットなので、これば改めて認識したほうが良いです。

極論「さぼっていても給料もらえる」ってことですから。ある意味究極です。

まぁさぼってばかりいたら給料が上がらないためコスパが悪く、最悪首になるリスクがありますが。。。

サラリーマンの安定収入を示す指標としては、サラリーマンは簡単にローンを組むことができます。

ローンを組めるという事は社会的に安定しているとみられているという事です。

ローンは使い方が大事でいい事悪い事ありますが、借りる刈内は別として、

「借りることが出来る状態である」という事は、いざと言うときの余裕にもつながるのではないでしょうか?

欠点は「収入の天井が見える」という事。

SNSが普及している現在では、ある程度その会社の平均給与を見ることが出来ると思いますが、サラリーマンである限りいわゆる”億万長者”になれることは絶対ではないですが余程あり得ません。

経営者やインフルエンサー等のかなりの高額所得者の様に

「月収1000万円です!」

みたいなことはサラリーマンだけではほぼ不可能です。

そこを狙うのであれば、サラリーマン以外の収入経路を考える必要があります。

まとめ「サラリーマン」を楽しめれば「武器」が見つかる。

正直「サラリーマンなんて絶対つまらない!」なんて僕は一切思っていません。

このブログで書いたサラリーマンのメリットの特性をしっかり意識することで、サラリーマンを武器にする事が出来ると思います。その武器がサラリーマン生活だけじゃなくて副業等へつなげて人生を豊かに出来ると思います。

では。

DaiCON

コメント

タイトルとURLをコピーしました