ブルーライトカットの仕組み なぜメガネが有効なのか?

デスクワークのススメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。DaiCONです。

スマートフォンやPC等の液晶から発せられるブルーライトは、私たちに様々な影響をもたらします。

だからこそ、日頃からブルーライトに触れる機会が多い方は、ブルーライトカットメガネをかけたほうが安心でしょう。

ブルーライトカットメガネはその名の通り、目に入るブルーライトをカットし、目の負担を和らげるメガネです。

PC用メガネやゲーム用メガネなど、利用用途に合わせていくつか種類がありますので、シーンに合わせて使い分けると効果的でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブルーライトカットの仕組み なぜメガネが有効なのか?

なぜブルーライトをカット出来るのか?

ブルーライトカットメガネはいくつか種類がありますが、そもそもどうしてブルーライトカット効果があるのでしょうか?

その理由は、ブルーライトカットメガネのこのような仕組みが関係しています。

特殊カラーを使ってブルーライトをカット

ブルーライトカットメガネはサングラスのようにレンズそのものに色がついているタイプがありますが、この色にこそブルーライトをカットする秘密があります。

特殊な染料を用いて染色されているレンズは、ブルーライトをレンズに吸収する効果があるため、目に届くブルーライトの刺激を軽減する事が出来るのです。

特殊コーティングをしてブルーライトをカット

ブルーライトカットメガネの中には、普通のメガネと見た目が変わらない、透明なレンズもあります。

こちらのタイプはレンズそのものに特殊コーティングをしていることが特徴です。

ブルーライトをレンズから反射させるコーディングをすることで、目に入るブルーライトを反射させて軽減。

結果、ブルーライトをカットする効果が期待出来ます。

ミックスしているタイプも

ブルーライトカットメガネには、レンズ本体のカラーを変えつつ、コーティングを施しているような、二重構造になっているタイプもあります。

一昔前までは構造を重ねてしまうことで見えづらくなってしまうことから、二重構造にすることが難しかったのですが、技術が進歩したことで、最近話題のゲーミンググラスなどにこうした二重構造が利用されることが増えてきました。

ダブルの効果を重ねることでより大幅にブルーライトをカット。

目への負担を和らげることはもちろん、コントラストを調整することで、見えるカラーに影響が出にくいように工夫が施されている商品もあります。

PC用メガネを選ぶポイント

ブルーライトカットメガネの代表格とも言えるPC用メガネの場合。

ブルーライトのカット率が高いことはもちろん、オフィスで使っても大丈夫なデザインかどうかも選ぶポイントとなります。

カラーレンズが使われているタイプの場合、一見サングラスのようなオシャレなタイプのメガネもありますが、オフィスによってはNGです。

接客をすることがある場合は特に、誤ってかけたまま接客してしまうと失礼になってしまいますので、カット率だけでは無くデザイン性も注意して選びましょう。

ゲーム用メガネが出てきました。

通常のPC作業用メガネではなく、ゲーム用としてブルーライトカットメガネを選ぶという選択肢も出てきました。

ブルーライトをどの程度カットしてくれるかはもちろんのこと、このようなポイントを抑えておくことも大切です。

色味に注意

ゲーミンググラスの場合は特に、あまりにも色がついているメガネですとプレイに支障が出る場合もあります。

せっかくの鮮明な画面が台無しになってしまう事もありますので、色味が強すぎないメガネを選んだ方が良いでしょう。

ブルーライトカットメガネで快適に過ごす

ブルーライトカットメガネは近年進化を遂げており、まるでつけていることを忘れるほど快適な商品が増えています。

デスクワークやゲームの際にも役に立つアイテムですので、長時間ブルーライトを見続ける機会が多い方こそ、持っておくと便利でしょう。

では。

DaiCON

コメント

タイトルとURLをコピーしました