2020-07

お金

サラリーマンの貯蓄 生命保険とiDeCoとつみたてNISAを徹底比較

生命保険、iDeCO、NISAについて、”資金運用”がベースの場合は、運用益つまり利率だけ見ればOK。DaiCON個人の見解ではつみたてNISAとiDeCoをやればOK、貯蓄型の生命保険は運用益が圧倒的に悪いため、資金運用目的であればやらずに、その資金はNISAで運用しましょう。
お金

サラリーマンの税金対策 サラリーマンから見たiDeCoとNISAとつみたてNISAを徹底比較

はじめる順番としては、①まずは「つみたてNISA」からはじめる。つみたてNISAの非課税枠(33,333円/月)を使い切るまでは、iDecoをやらない。②それでも投資への余裕がある場合は、iDeCoをはじめる①、②を行っても余裕のある人は、NISAをはじめる。はじめてのかたであれば、まず「つみたてNISA」が良いです。
お金

誰でもできる!サラリーマンの手取り収入を10万以上増やす方法を解説

サラリーマンでもうまく節税すると年間10万円以上出来る。・iDeCoとNISAは銀行預金感覚で資産運用が可能・扶養控除は独身でも使える場合がある・子供が出来たら育休をボーナス月に取得しよう!税金の仕組みがわかると、手取りを増やすことができるので、年収を上げることと一緒に手取り収入の整理をしてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました