2020-08

プレゼン

サラリーマンのプレゼン資料はこう作れ! 「見て理解できる社内プレゼン資料」の作り方を5つのポイントで解説

今回の記事をまとめるとポイントは以下5点です。・1資料1テーマ、1ページ1テーマ を意識しよう。 ・”自分目線”より”相手目線”の資料をつくろう。 ・”読ます資料”ではなく、”見て理解できる資料”をつくろう。 ・文字 < イラスト ・シンプルにすることを意識しよう。
プレゼン

サラリーマンのプレゼン資料 5つのポイントを徹底解説 プレゼン資料の出来を上げて出世につなげよう!

・統一:フォントとサイズ、文章の書き方を統一させる・整列:文章やイラストの「位置」を整える・近接:同じ情報、似た情報、関連情報を「グループ化」する・対比:重要な情報は「大きく」、「濃く(太く)」表示する・反復:資料全体の一貫性、統一性を持たせる。文章、文字は出来るだけ”情報の補足”として使うと「シンプル」になる
問題解決

サラリーマンはムダな仕事をするな!「ムダな仕事」を”生かす”ことで仕事のスピードは飛躍的に上がる3選を紹介

本記事をまとめると以下です。・スケジューリングを徹底することで、すき間時間をムダな時間にすることなく有効活用できる。 ・こまめな報連相で、やり直しのムダを0にしよう。 ・ムダな会議をムダにしないために「自分ルール」を作ろう。サラリーマンはムダを制するものが出世の近道です。
問題解決

サラリーマンの仕事術 サラリーマンは問題解決することが仕事 問題解決するための考え方5選を解説

問題解決をする上で大事なことは、 1.まずは目標を設定しよう。同時に達成できそうなマイルストーンも設定する。 2.ポイントを絞った問題提起をしよう 3.上司の言うとおりにせず、自分の知恵をいれよう 4.体験をしよう。答えは現場にある 5.行動できる人しか問題解決はできない。 補足。失敗したときはちゃんと言おう
問題解決

サラリーマンはスピードで評価される。仕事のスピードを上げる方法を解説します。

・明日やろうはバカやろう。残務を残さずストレスフリーを目指そう。・ガンバル前に作業の中身をしっかり考えて、ムダを無くす。・仕事に与えるインパクトは、”仕事の出来”よりも倍以上”スピードが重要”言うのは簡単、やるは難し!ただ、今日出来る事は今日中に終わらすことを心がけて<br>あすからまず実践する!これが一番大事です。
仕事術

あなたのアイデアは無駄じゃない 意見を通すためにはまず「やってみよう」諦めたらそこで試合終了ですよ。

今回の記事の結論です。・新しいアイデアに議論はムダ考えるより「まずやってみる」・最初から最後まで一貫してやることは他人へ”プレゼン”することスピードと成果を同時に手に入れたいのであれば、第一に「かたち」にする。「まずやってみる」の精神は下っ端だろうが役職があろうと関係ありません。まずやろう!
タイトルとURLをコピーしました