サラリーマンの仕事術

サラリーマンの仕事術

サラリーマンの伝え方~リーダ編~ 1on1をしっかり行うと出世する理由を説明します。

1on1を行う事で、部下の育成につながる。また、組織力が上がりあなたの評価も上がる。 1on1で重要なことは、あなたと部下の信頼感を醸成すること。 そして、問題を聞くだけでなく、しっかり解決すること。(放置しないこと)。 但し、「自分の評価のために!」と鼻息荒い上司になってはNG!部下はしっかり、そんなあなたを見てます
サラリーマンの仕事術

サラリーマンの仕事術 サラリーマン人生を豊かにするために“海外”を知ることがおすすめな理由

サラリーマンの仕事術 サラリーマンが幸せをつかむために“海外”を知ることがおすすめな理由のまとめは以下です。 ・度胸が付く。・外国語が実践で学べる。・多様性を受け入れる事が出来る。・日本の良さを知る事が出来る。旅行じゃなくて、異国で生活することで、サラリーマンにとってものすごく重要なスキルが身に付きます。
サラリーマンの仕事術

サラリーマンのリーダーシップ リーダーは一番下っ端 求められるのは「マネジメントリーダーシップ」

結論をざっくり言うと、主役は部下でありチームでよい!リーダーは「根」なんだ!・マネジメント:チームを管理すること。・リーダーシップ:チームを導くこと。だけど、どちらもチームを「動かす」と言う点では同じです。但し、これから求められるのは「マネジメントリーダーシップ」だ。そのためにもチームを「信頼する」ことが最も重要
サラリーマンの仕事術

サラリーマンの仕事術~リーダー編~ 部下のモチベーションを上げるには?部下のモチベーションの上げ方を解説します

1.モチベーションの種類を知ろう。2.部下とコミュニケーションを取ろう。3.部下の”3年先の目標”を立てて、マイルストーンも一緒に作ろう。部下のモチベーションは、例えるなら「チーム力のガソリン」です。その人にあったモチベーションの上げ方をしっかり見極めることがリーダーの務めであり、最大のミッションです。
サラリーマンの仕事術

サラリーマンの仕事術 時間の作り方のコツは1つだけ!365スケジュールを解説

サラリーマンの時間の作り方は、ムダをなくすこと・ムダをなくすために”365スケジュールを作ろう。空いた時間は、「自己研鑽」に費やそう。副業とか、海外で生活することが大きな自分の財産になります。サラリーマンの時間は有限なので自分で「作る」しかありません。時間の作り方の一番のポイントは何事も「フォーマット化」です。
サラリーマンの仕事術

サラリーマンの仕事術 3年先の目標を具体的に考えれば目標はかなう!その理由公開

3年先の目標を具体的に考えれば目標はかなう理由は、1。3年後の目標を作る、2。マイルストーンを設定する。3。毎月、毎週、毎日にまでブレイクダウンする。4.あとは実行するのみ!大事なことは「無駄な仕事」や「無駄な考え」を省くこと。目標に対して無駄なことをはぶくことで、より目標に対して集中して進めることができます。
サラリーマンの仕事術

サラリーマンの仕事術 ファシリテーターになれば給料が上がる理由を徹底解説

ファシリテーターは給与が上がる理由は、結論:マネージャーの素養があるから マネージャーやリーダーになれれば、それは出世になるので給与は上がります。 良いファシリテーターは「会議のテーマ」を解決します。チームをまとめて一つのテーマを解決することは、”リーダーの資質”であり、マネージャーに最も求められる資質です。
サラリーマンの仕事術

サラリーマンの仕事術 仕事を”サボれる”サラリーマンが出世する理由を徹底解説

仕事のうまいサボり方は、4つのポイントを押さえよう。・自分のところに仕事を溜めない・優先順位を明確にする・スケジュールを相手に伝える・納期を明確にして、空いた時間にサボろう 自分のペースをつかめば、うまくサボれるぜ!むしろ敢えて「サボろう」と言う気持ちも少なくなるかも!?
サラリーマンの仕事術

サラリーマンの仕事術~就活編~ 理系サラリーマンは重宝される理由

理系サラリーマンが重宝される理由を紹介。理系サラリーマンのメリットは大きく2つ。①つぶしが利く、②開発、研究職を選ぶことができる。但し、大学でやってきたことは一度忘れよう。あなたの可能性が縛られます。 でも一番大事なのは、理系とか文系とかじゃなく「いい人材」です。但し、没頭できない仕事はやめましょう。
サラリーマンの仕事術

サラリーマンの伝え方~プレゼン編~ プレゼンに大事な4つのポイントを紹介

サラリーマンにプレゼンは必須です。プレゼンのポイントを4つにまとめました。今日の結論は4つです。・「相手に次の行動をさせる」こと。・受ける側は「聞いてない」・最初に結論 相手の心をわしづかみ!・構成は、つかみー結論ー根拠ー具体例 あとは慣れ。実践を積むことで、プレゼンの技術はいくらでもつくぜ。
タイトルとURLをコピーしました